食品衛生賠償共済
リンク

協会規約

木更津食品衛生協会会則

第一章  総 則

(名  称 )
第1条 本会は木更津食品衛生協会(以下「本会」と称する。)と称する。
(所 在 地)
第2条 本会を木更津市内に置く。
(組  織)
第3条

  1. 本会は君津保健所管内で食品関係の事業に従事するもの、又は本会の主旨に賛同するものをもって組織する。
  2. 本会に支部を置くことができる。
(目  的)
第4条 本会は、飲食に起因する伝染病、食中毒その他の危害の発生を防止するとともに、食品 衛生思想の啓発を図り、もって公衆衛生の向上に寄与し更に会員相互の親睦及び福利厚生 を図ることを目的とする。
(事  業)
第5条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業をおこなう。

  1. 食品衛生の普及に関する事業
  2. 食品営業施設の改善に関する事業
  3. 会員及び従業員の健康保持増進に関する事業
  4. 会員及び従業員の福利厚生に関する事業
  5. 会員及び優良施設の顕彰に関する事業
  6. その他必要と認め事業

第二章  会  員

(会  員)
第6条

  1. 本会は普通会員、特別会員及び賛助会員をもって構成する。
  2. 普通会員とは、本会に登録した支部を通じて本会に加入したもの。
  3. 特別会員とは、前項以外の食品関係の法人、工場、その他の施設で単独加入したもの。
  4. 賛助会員とは、本会の主旨に賛同し本会の事業を賛助するもの。
(入  会)
第7条 本会に入会しようとするものは、別記第一号様式による申込書により届ければ会員となることができる。ただし、普通会員についてはその店舗の所在地の支部を通じて届け出るものとする。
(脱  会)
第8条 本会を脱会しようとする時は、文書によりその旨を届け出るものとする。

第三章  役員及び職員

(役  員)
第9条 本会に次の役員をおく。
   会 長   1 名
   副会長   4 名
   会 計   2 名
   常任理事  10 名
   理 事   若干名
   監 事   2 名
(役員の職務)
第10条

  1. 会長は、本会を代表し会務を総括する。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
  3. 会計は本会の会計を司る。
  4. 常任理事は会務を分掌する。
  5. 理事は会務を審議し執行する。
  6. 監事は会務及び会計を監査する。
    (会長、副会長、会計及び常任理事の選出)
    第11条

    1. 会長は、理事のうちから互選により選出し、総会で承認を得る。
    2. 副会長、会計及び常任理事は理事の互選により選出し、総会で承認を得る。
    (理事の選出)
    第12条 理事は、各支部長、食品衛生指導員部会長、広報部会長、特別会員部会長及び理事会の推薦があったものとし、総会で承認を得る。
    (監  事)
    第13条 監事は総会において選任する。ただし監事は理事を兼ねることができない。
    (役員の任期)
    第14条

    1. 役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。
    2. 欠員により就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。
    (顧  問)
    第15条

    1. 本会に顧問を置くことができる。
    2. 顧問は、協会の功労者及びその他のものから、理事会の承認を経て会長がこれを委嘱する。
    3. 顧問は会長の諮問に応じ、必要な時は会議に出席し意見を述べることができる。
      ただし、議決に加わることはできない。
    (事務局)
    第16条

    1. 本会の事務を処理するために事務局を置く。
    2. 事務局には会長が任命する事務局員若干名を置く。
    3. 事務局の組織及び運営並びに職員に関し必要な事項については、会長が理事会の承認を得て別に定める。

    第四章  会  議

    (会議の種類)
    第17条 本会の会議を総会、理事会及び常任理事会とする。
    (会議の構成)
    第18条

    1. 総会は各支部から選出された代議員をもって構成する。代議員の選出方法は別に定める。
    2. 理事会は、理事をもって構成する。
    3. 常任理事会は会長、副会長、会計及び常任理事をもって構成する。
    (総会の議決事項)
    第19条 総会は次の事項を議決する。

    1. 事業計画及び予算に関する事項
    2. 事業報告及び決算に関する事項
    3. 会則の変更に関する事項
    4. 役員の選出または承認に関する事項
    5. 支部の設立または廃止に関する事項
    6. その他本会の運営に関する重要な事項
      (理事会の議決事項)
    第20条 理事会は次の事項を議決する。

    1. 諸規程の制定改廃に関する事項
    2. 総会に提出する議案
    3. 総会の議決事項のうち緊急を要する事項
    4. その他本会の運営に関する必要事項
      (常任理事会の議決事項)
    第21条 常任理事会は次の事項を議決する。

    1. 事業に関する事項
    2. 会費の賦課徴収に関する事項
    3. 理事会より委任された事項
    4. 理事会に提出する議案
    5. その他緊急を要する事項
    (総  会)
    第22条 総会は、通常総会及び臨時総会とする。
    (通常総会)
    第23条 通常総会は毎事業年度終了後2ケ月以内に開催する。ただし、理事会の承認を経てこ れを変更することができる。
    (臨時総会)
    第24条 臨時総会は次の場合に開催する。

    1. 三分の一以上の代議員から、会議の目的である事項を示し請求があったとき。
    2. 理事会の議決により請求があったとき。
    3. 会長が必要と認めたとき。
    (理事会及び常任理事会)
    第25条 理事会及び常任理事会は会長が必要と認めたとき又は理事の過半数の請求があったと き開催する。
    (事業部会)
    第26条

    1. 本会の事業を執行するために、必要により部会を設置することができる。
    2. 各部会の行う事業及び組織は別に部会規程をもって定める。なお、部会の構成は次のとおりとする。
      1. 食品衛生指導員部会
      2. 広報部会
      3. 特別会員部会
    (議  長)
    第27条

    1. 総会の議長は、総会において出席者の中から選出する。
    2. 理事会及び常任理事会の議長は会長が当たる。
    (会議の招集)
    第28条

    1. 会議は会長が召集する。
    2. 会議の開催にあたっては、5日前までに目的の事項を書面により、会議を構成するものに通知しなければならない。
    (会議の定数及び議決方法)
    第29条

    1. 会議は、会議を構成するものの二分の一以上が出席しなければ開催することができない。ただし、総会にあっては委任状を認める。
    2. 会議の議決は、出席者の過半数により成立し、可否同数の時は議長がこれを決する。
    (議 事 録)
    第30条 会議の議事については議事録を作成し、議事の経過及び要領並びにその結果を記載し、 議長及び指名された議事録署名人2名以上が署名し、保存しなければならない。ただし、 理事会及び常任理事会の議事録については、事務局がこれにあたり、議長が署名するも のとする。

    第五章 資産及び会計

    (資  産)
    第31条 本会の資産は、次に掲げるものを持って構成する。

    1. 会費
    2. 寄付金
    3. 事業に伴う収入
    4. 資産から生ずる収入
    5. その他の収入
    (会  費)
    第32条 会員は、別に定める会費を本会に納入しなければならない。ただし、いったん納入した会費はこれを返還しない。
    (会計年度)
    第33条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
    (監  査)
    第34条 監事は、会計年度終了後2ケ月以内に本会の会務及び会計を監査し、意見を付して総会に報告しなければならない。

    第6章  雑  則

    (規  程)
    第35条 この会則に定めるもののほか、本会の事業執行に関して必要な事項は理事会の議決により定める。

    附  則

    1. 本会則は昭和23年 5月 1日より定める。
    2. 会則の一部改正
         ・昭和42年 5月 7日
         ・昭和44年 5月26日
         ・昭和47年 4月20日
         ・昭和51年 4月28日
         ・昭和53年 4月26日
         ・平成 7年 4月 1日
         ・平成10年 5月20日
         ・平成16年 5月31日

    代議員に関する規定

    第1条 この規程は、木更津食品衛生協会会則第18条第1項の規定により定める。
    第2条 代議員は、理事を兼ねることができない。
    第3条

    1. 代議員は、各支部の会員及び準会員から、別表に定める数を選出する。
    2. 代議員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。
    3. 欠員により就任した代議員の任期は、前任者の残任期間とする。
    第4条 前条により選出した時は、別紙様式による名簿を会長に提出するものとする。

    附  則

    本規程は平成10年 5月20日より施行する。
    平成 8年 5月10日 一部改正
    平成10年 5月20日 一部改正
    平成16年 5月31日 一部改正